開催期間及び会場

ご挨拶

2021年4月20日~22日、上海新国際博覧センターにてアジア最大規模の環境博覧会が行われます。2020年は60の国・地域から1,800社以上、うち日系企業は20社以上が出展しました。2021年も2000社以上の出展を見込んでおります。

本中国環境博覧会は、国際的環境展であるドイツIFATの中国版IFAT Chinaと、これまで20年毎年開催してきた中国国際廃棄物・リサイクル・環境展EPTEE及び 中国水展CWSが共同開催するものです。

日中環境協力支援センターは、2008年から同環境展の日本窓口を務めておりますが、2021年も皆様のご出展をお手伝いすることになりました。現在、中国には数多くの環境展がありますが、本環境展は最有力の第一グループに属するものであり、長年中国環境ビジネスを行ってきた我々として強く推薦しております。

中国では2016年より第13次五ヵ年計画が始まっていますが、環境分野は不況の中でも大きく市場拡大しており、2020年までの5年累計の環境資金投入額は約10兆元(約200兆円)になるという試算もあります。農村環境インフラ整備事業が本格化し、環境ビジネスは今後も長く拡大傾向が続く見込です。

延べ7万人以上もの環境業界関係者が集う本環境博覧会は、貴社の中国環境ビジネスの進出や拡大に最適と考えます。皆様のご出展をお待ちしております。

PAGE TOP
MENU