中国国際エコカー展覧会

展示会出展ご案内

last update: 2014.07.14
2014年10月17日~21日 北京市・国家会議センター
日本窓口企業挨拶 / 展示会概要 / 関連団体 / 出展対象 / 前年の様子 / 前回出展日本企業
出展をご検討の方:出展費用 / 申込方法 / お問合せ
見学をご検討の方: 展示会見学について / お問合せ

日本窓口企業挨拶

 2014年10月17日~21日、北京市の国家会議センターにて「中国国際エコカー展覧会」が行われます。当社は、今期展示会の日本出展窓口となりました。

 本展示会は、中国国際貿易促進委員会機械産業分会、中国電工技術学会、『汽車知識』雑誌社、寰球時代汽車投資監理(北京)有限公司が主催するもので、予定展示面積2万8000平米、予定出展企業数450社以上となる見込みです。

 中国環境ビジネスにあたって、今回のイベントは貴重な機会となりますので、皆様の展示会出展(業界団体のパビリオン出展や代表出展を含む)や フォーラム参加、メディアパートナーのお申込をお待ちしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

(中国国際エコカー展覧会2014日本窓口:日中環境協力支援センター(有)

★当社経由での展示会出展お申込み特典

ページのトップ に戻る

展示会概要

フォーラム・展示会名称

中国国際エコカー展覧会

China International Energy-saving Automobile Exhibition

公式サイト
開催期間2014年10月17日(金)~21日(火)
場所北京・国家会議センター 地図
目標出展面積2万8000㎡
目標出展数450社
見学者見込延べ5万6000名
主管団体工業・情報化省
主催中国国際貿易促進委員会機械産業分会
中国電工技術学会
汽車知識雑誌社
寰球時代汽車投資監理(北京)有限公司
実施機関中国国際貿易促進委員会機械産業分会
中国電工技術学会
『汽車知識』雑誌社
北京アジア国際展覧公司
北京寰球通達会展有限公司
共催団体中国品質認証センター(CQC)
業界支援団体中国自動車工業諮詢委員会
同期活動各種専門技術フォーラムを開催予定。
日本出展窓口日中環境協力支援センター  リンク

ページのトップ に戻る

関連団体

  • 中国国際貿易促進委員会機械産業分会 について
     1988年、中国初の国家関連部門認可による産業貿易促進機関として設立されました。同会は、機械産業における中国と世界各国・地域の貿易・投資・経済技術協力を促すことを目的としています。現在、中国最大規模の対外経済貿易協力促進機関の1つとなっています。  
  • 中国電工技術学会 について
     1981年7月に設立された、電気エンジニアを主とした電子工学技術者と電気分野の研究・設計・製造・利用・管理等の事業・団体の有志により構成された全国級非営利の社会団体法人です。中国科学技術協会の構成メンバーでもあり、本部を北京に置いています。  
  • 『汽車知識』雑誌社 について
     2002年に国家新聞出版総署の認可を受けて設立された、中国科学技術協会主管、中国機械工程学会・中国自動車工業経済技術情報研究所が運営する、自動車専門月刊誌『汽車知識』を発行する雑誌社です。  
  • 中国品質認証センター(CQC) について
     中国政府の認可を受けて設立された、第三者専門認証機関です。国内に11の製品認証サブセンター、36の管理体系認証支局、海外には25の業務普及プラットフォームを設けています。  
  • 日中環境協力支援センター(JCESC) について
     2005年に設立した日中環境協力・ビジネスを専門に行う日本のコンサルティング会社。行政系、各企業、各種団体の中国環境状況調査、環境ビジネス支援、環境研究支援などを行っています。ウェブサイトはこちら。  
  • ページのトップ に戻る

出展対象

  • 完成車
    • 圧縮天然ガス(CNG)、液化天然ガス(LNG)、液化石油ガス(LPG)等の天然ガス自動車
    • メタノール車、エタノール車、ジメチルエーテル車等の代替燃料車
    • ハイブリッド車(ガソリン-電気、ガス-電気)等
    • プラグインハイブリッド車
    • 純電気自動車(BEV、太陽光自動車含む)
    • 燃料電池車(FCEV)、水素エンジン車、圧縮空気自動車、磁石モーター自動車、その他新エネ車等各種製品
  • 部品類
    • 先進的内燃機関・高効率トランスミッション・軽量化材料・完成車最適化デザイン・ハイブリッド等の省エネ技術・製品
    • 電池・電機・電機制御等のコア部品・先進技術利用
  • 充電設備
    • 充電スタンド・充電器・配電スタンド・電池交換、電池管理システム・駐車場充電設備・スマート監視・充電ステーション電力供給ソリューション・充電ステーション-スマートグリッドソリューション等

ページのトップ に戻る

前回(2013年)の様子

 2013年10月20日、第1回エコカー展が、北京・国家会議センターで開幕しました。展示面積2.86万㎡、来館者数延べ3万1826人で、国内外の主な自動車企業・部品企業が出展し、アジアにおけるエコカー展の記録を塗り替えました。
 一汽集団、東風集団、上汽集団、北汽集団、長安集団、一汽大衆(VW)、一汽トヨタ、広汽トヨタ、トヨタ中国、上海GM、上海VW、広汽吉奥、北京現代、長城、江淮、宇通客車、五洲龍等の国内外企業が出展し、乗用車・改装車・専用車や部品等を展示しました。

ページのトップ に戻る

前回出展日本企業

  • 広汽本田汽車有限公司(広州ホンダ)
  • 広汽豊田汽車有限公司(広州トヨタ)
  • 豊田汽車(中国)投資有限公司
  • 一汽豊田汽車銷售有限公司(一汽トヨタ)
  • 上海昭和高分子有限公司
  • 江西五十鈴発動機有限公司(いすゞエンジン)

ページのトップ に戻る

出展・参加費用

ブース種類価格・オプション
出展標準パッケージブース:11800人民元/9㎡
※ 広い標準ブースをお申し込みの場合、別途ご相談ください。

ページのトップ に戻る

出展申込方法

◆出展料金支払方法◆

(1)第1種団体:日本にある日本企業  日本国内から出展料金を支払う場合です。

  • 直接海外送金する場合
     支払先:中国内の主催者銀行口座に直接海外送金
  • 日本窓口を通じて間接送金する場合:日本円にてお支払い(詳細以下の通り)
     金額は単価×申込面積の総額を申込日レートにて計算し、1.10を掛け、 十の位 を四捨五入します。
     支払先:日本の窓口団体の銀行口座に日本円にてお振込。為替変動リスクを含 め手数料約10%を上乗せしています。

(2)第2種団体:中国内に拠点を持つ日系企業

  • 中国内に現地法人、合弁企業、代表事務所、代理店企業を持ち、そこから出展 料金を支払う場合です。この場合、直接送金のみです。
     支払先:中国内の主催者銀行口座に直接海外送金

◆出展スケジュール◆

スケジュール期日
出展申込期限2014年7月31日(木) 日本窓口まで
搬入2014年10月14日(火)~16日(木)
展示会期間2014年10月17日(金)~21日(火)

◆お申込み方法◆

(1)下の中国語または英語の出展契約書をご請求ください。必要事項を記入して、メール(PDFファイル)・郵送・ファックスにてお送りください。

  • ※ 申込書等は当社までお問合せ下さい
  • ※ 窓口会社で申込書類の中国語翻訳・作成代行を有料で行っております(1文字8.4円・税込)。
    中国語対応できないお客様は是非ご活用下さい。
<申し込み先・相談窓口(日本企業窓口)>
  1. 郵送の場合
    日本:〒153-0063 東京都目黒区目黒1-4-8 東レクビル7B
    日中環境協力支援センター(有) 中国国際エコカー展覧会担当
    中国:〒100081 北京市海淀区中関村南大街甲10号 銀海大廈北306
    北京大野木環保諮詢有限公司 中国国際エコカー展覧会担当
  2. ファックスの場合
    日本:03-5434-6775
    中国:010-6216-6836
  3. E-mailの場合
    日中共通:onogi◎jcesc.com ◎を@に変えてご送信ください
<申込後の手順>
  1. 窓口で受領後、折り返し確認メールを送信いたします。
  2. 主催団体の署名入り書類PDFをメールにて送信いたします。

申込・支払期限 : 2014年7月31日(木)

ページのトップ に戻る

展示会見学について

 展示会見学は無料です(事前または現場での見学申込が必要)。

お申込み・お問い合わせ

日中環境協力支援センター(有) 日中環境協力支援センター
北京事務所
東京都目黒区目黒1-4-8
東レクビル7B
E-mail:onogi@jcesc.com
TEL&FAX:03-5434-6775
北京市海淀区中関村南大街甲10号
銀海大廈北306
E-mail:onogi@jcesc.com
TEL&FAX:010-6216-6836
URL:www.jcesc.com/CIEAE2014/URL:www.jcesc.com/CIEAE20144/

ページのトップ に戻る





Copyright c 2014 Japan-China Environmental Service Center Co., Ltd. All rights reserved.