日中環境協力支援センター

北京大野木環境コンサルティング有限公司

中国環境規制対応支援業務(PDF)
『週刊中国環境規制/ビジネスレポート』
中国環境博覧会
週刊メールマガジン

日中環境協力支援センター創立10周年のご挨拶

時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、当社は本年4月1日をもちまして創立10周年を迎えました。これもひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝いたしております。

当社は2005年、中国環境ビジネス支援、日系工場中国環境管理支援、中国環境・エネルギー分野の官公庁事業を3本柱として、当初は大阪に設立し、その後2007年に東京目黒に移転しました。中国拠点としては、2006年に駐在員事務所を開設し、その後2009年に現地法人「北京大野木環境コンサルティング有限公司」を設立いたしました。

この10年、上記3本柱で多くの事業を手掛けてまいりました。この間、中国環境・省エネビジネスのコンサル会社も多く出てきましたが、例えば別業界の方が日系企業で中国環境・省エネアライアンスを組織しながらもいつの間にか撤退されていたり(事業が困難で元の業界に戻られたようです)、また北京のある大学が日系企業向け環境ビジネス事業をしても成果が挙がらなかったり、ある日系向け中国環境ビジネスコンサル会社では裁判沙汰になったりしており、また日中関係の影響もあり、容易な事業ではありませんでした。そんな中でも当社は、高い専門性、豊富な人脈、環境改善に対する情熱、地道・堅実で人任せにしない方針、お客様の立場に立った適切な提案、愛国精神を土台として、中国環境・省エネ事業だけを10年間一貫して続けてまいりました。

「中国の環境問題の解決は、他の途上国の環境問題解決のヒントになる」という信念で続けておりますが、中国環境問題の解決はビジネスだけではできず、環境政策や環境教育、経済・エネルギーセクターの環境重視も極めて重要です。今後は、上記3本柱に加えて、環境政策や環境教育などの事業にも取り組んでいきたいと考えております。

これを機に社員一同決意を新たに、いま一度創業の精神に立ちかえり、一層の努力をして皆様のご愛顧にお応えしていく所存でございます。

今後とも、なにとぞご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

敬 白

平成27年 4月吉日 日中環境協力支援センター有限会社
取締役 大野木 昇司
ONOGI Shoji
↓■中国語サービス■↓